自己処理前にやる事

ムダ毛の自己処理の仕方を誤るとトラブルにつながりますが、どのようにムダ毛を処理すれば良いのでしょうか。

まず処理をする前に肌を清潔な状態にする事が大切です。毛抜きで抜く場合はあいた毛穴から、カミソリ等で剃る場合は知らぬ間についた細かい傷などから細菌が入り込んで炎症を起こしてしまう事があるからです。

自己処理する部分を石鹸やボディソープなどでまず綺麗に洗うようにしましょう。汗や汚れがついたままになっていると、細菌の心配だけではなく処理効果も落ちてしまいます。肌が乾燥している場合はしっかり保湿をしておく事も大事です。乾燥してガサガサしている部分は処理を控えてください。

たっぷり保湿して肌の状態が安定してからの自己処理をおすすめします。衛生面から言えば、自己処理する際の使う器具も清潔な物を使う事が必須です。

特にカミソリですが、毎度毎度使ったら使いっぱなしの状態になってはいませんか?一度使ったらしっかり洗って、きちんと乾かしておかないと雑菌が繁殖してしまいます。バスルームに置きっぱなしはもってのほかです。

いつでも湿気がある状態のバスルームに、使いっぱなしのカミソリを置いておくのは不衛生です。カミソリの刃の部分も定期的に替えるようにして下さい。衛生面でもそうですが、刃は少なからず錆びてくる物なので肌を傷つける原因にもなります。処理効果も下がってしまいます。

Comments are closed.